世界遺産の街「ホイアン」へ行こう!

ホイアン

古くから貿易港として繁栄していたホイアン。
かつて中継貿易都市として栄えていた名残が、今もなお残っている古き良き街です。
レトロな黄色い壁とカラフルなランタンが美しい、ノスタルジックな雰囲気あふれる街には世界中から観光客が訪れています。そんな世界遺産の、旧市街地ホイアンをご紹介します。

ホイアンとは

ベトナム中部の都市 ダナンから南に30km行ったところにある、トゥボン川の河口に位置する古い港町のホイアン。中国、西洋諸国だけでなく、日本との交易が盛んだったホイアンには、日本街もつくられ、様々な建築様式が入り混じった建築物が多く残っています。古い町並みが残された旧市街地は、1999年(平成11年)に「ホイアンの古い町並み」としてユネスコの世界文化遺産に登録されました。また、歴史保護地区としても指定され、古くからの町並みが今もしっかりと守られています。

ホイアンの絶対におさえたい注目スポット!

・来遠橋(日本橋)
ホイアンのベストスポット。
1953年に、当時ホイアンに住んでいた日本人によって架けられたと言われている木造の屋根付き橋。2万ドン紙幣の裏側にも印刷されている観光スポットです。中にはカウ寺という小さなお寺もあり、橋を守る木彫りの猿と犬の像にも注目!18:00頃からはライトアップもされ、昼間とはまた違った雰囲気を感じられます。

日本橋

・福健会館
ピンクの門がひと際目立つ会館です。ホイアンにはたくさんの会館がありますが、その中でも大きい規模の会館の一つです。色鮮やかな建物の内部には祭壇があり、華僑たちは船を利用して貿易をしていたため、航海安全の神様が祀られています。福建会館は、現在も福建省から来た華僑が集う場所として活用されています。

福建会館

・バインミーフーン( Bánh Mì Phượng)
常にお客さんで大賑わい!大人気のバインミー店です。外はパリッと、中はふんわりとしたフランスパンの中には、あふれんばかりに具が詰めこまれていました。たくさんのメニューがありましたが、一番のおすすめはThap Cam。全部のせという意味で、いろいろな具材を楽しめる一品です。ベトナムNO.1!と呼ばれるほどの超有名店です。

バインミーフーン

ホイアンの大きな通り4つ

 

ホイアン街並み

・チャンフー通り
いくつもの土産物店、露店、突き当りには日本橋があり、ホイアンのメインストリートとなっています。旧家や博物館などもあり、歩くだけでも楽しめる通りです。

・バクダン通り
ホイアン市場、カフェ、レストランなどがあります。オシャレなカフェでのんびりティータイムや、古い建物をリノベーションしたレストランでお食事もできます。日暮れには、トゥボン川に沿って屋台が並ぶのも見どころです。トゥボン川ではボートに乗ることもでき、夜には灯篭流しが行われます。

・グエンティミンカイ通り
土産物店、オープンカフェなどが立ち並ぶ通りです。お買い物をするならこの通り!人通りも少なく、比較的穏やかなエリアです。

・グエンホアン通り
夜には数十メートルにわたって、ランタンのお店や土産物店が並びます。ランタンの明かりが幻想的で、とても美しいです。

 

ホイアン街並み

ホイアン名物料理を味わおう

・ホワイトローズ
米粉の皮にエビのすり身を詰めて蒸したもので、上には揚げたニンニクが添えられています。ニンニクのカリカリした食感と皮のプリプリともちもちの食感がとても良いです。甘辛いヌクマムという調味料を付けていただきます。

ホワイトローズ

・カオ・ラウ
日本の伊勢うどんがルーツと言われています。きしめんのような米の麺が特徴的で、濃い味付けの少量のスープが麺に染み込んでいます。

カオ・ラウ

・揚げワンタン
パリッとした食感が特徴です。揚げたワンタンの上に、海老や豚肉のすり身、野菜などの具材が乗っています。お店によってトッピングが違うので、食べ比べてみるのもいいですね。

揚げワンタン

いかがでしたか?

どことなく郷愁が感じられるホイアンは、昼と夜の2つの顔で人々を魅了します。昼は旧市街地で散歩やショッピングを楽しみ、夜はランタンの灯りに彩られた、幻想的な街並みを楽しめます。ダナンから30分と、とてもアクセスしやすいホイアン。
美しくノスタルジーにあふれた 世界遺産の街並みを満喫しに行ってみては、いかがでしょうか。

トゥボン川

 

Information

名称 ホイアン
住所 Back Dang Str., Hoian, Vietnam
入場料 ホイアン旧市街地 総合チケット(5枚綴り) 12000VND