謎に包まれたチャンパ王国の聖地「ミーソン遺跡」

ミーソン遺跡

チャンパ王国の歴史

チャンパ王国とは、2~17世紀にかけて栄えた チャム族が築いた王朝であり、ベトナムの中部から南部に存在した王国です。王と一体化したヒンドゥー教を信仰し、インドの文化を柔軟に取り入れながら発展したチャンパ王国は、長い間海洋国家としてアジア海域全体で活躍しましたが、16世紀に今のベトナムを作ったキン族により滅ぼされました。

ミーソン遺跡

ホイアンから1時間、ダナンから1時間半のところにあるミーソン遺跡。チャンパ王国によって4~13世紀に作られたとされている、謎に包まれた聖地跡です。ベトナムに8つしかない世界遺産のうちの一つであり,1999年に世界遺産に登録されました。ヒンドゥー教のシヴァ神を祀るための祠堂など、レンガ作りの建築物が見られます。初期の遺跡は残っておらず、現存しているのは8~13世紀までの遺跡であり、19世紀後半にフランス人によって発見されました。しかし、ベトナム戦争時に北ベトナムの解放軍が遺跡を本拠地としたため、アメリカの爆撃によって多くの遺跡が無残にも破壊されてしまいました。

完全な形で残っている建物は少ないですが、現在は修復と保存が進められています。

ミーソン遺跡は接着剤を一切使わずに作られたという不思議な建築様式が特徴的で、当時の建築技術の高さが伝わります。

芸術的な美しい彫刻は、レンガを積み上げた後から施されたとされていますが、どのようにして掘られたかは未解明です。いまだに解明されていない碑文も存在します。

頭がない彫刻は宗教紛争により首を切られたとされていて、遺跡にはあちらこちらで見かけられます。

まだまだ発掘段階であり、発見されていない遺跡もたくさん。ここから長い時間をかけて、遺産を世に出していきます。

ミーソン遺跡に行ってみよう

ミーソン遺跡はグループA~L に分かれていますが、ツアーなどの見学では、一番保存状態がいいとされているグループB・C・Dを中心に行われます。

山に囲まれた広大な土地にミステリアスな雰囲気でたたずむ遺跡群はとても神秘的です。

日本人観光客はもちろん、様々な国の観光客で溢れています。

 

また、遺跡内のステージでは、チャム族の民族楽器演奏とダンスショーが1日3回行われており、無料で見学することができます。

 

Information

 

名称 ミーソン遺跡 My Son Sanctuary
住所 Di sản Văn hóa Thế giới Khu đền tháp Chăm Mỹ Sơn,
Xã Duy Phú huyện Duy Xuyên, tỉnh Quảng Nam
営業時間 6:00~17:00
休業日 無休
入場料 150.000VND

 

 

いかがでしたか?

簡単にミーソン遺跡についてご紹介しました。ベトナムの8つの世界遺産の中では、ダナンから比較的アクセスしやすい世界遺産です。まだまだ、発掘段階で謎に包まれたチャンパ王国の聖地に行ってみてはいかがでしょうか?