ベトナムで気を付けなければならないこと

 

ベトナム人は優しく、外国人を受け入れるオープンマインドな性格の人が多いが、治安はやはり日本と比べると悪い。ダナンはベトナムで最も治安のよい場所だと言われているが、油断は禁物だ。旅行中は自分の身は自分で守らなければならないのだ。

 

盗難・窃盗被害

ベトナムに来た外国人が最も被害に会いやすいのが盗難・窃盗被害である。いわゆるスリや置き引きだ。どこか人込みの多いところへ行くときは必ず注意しなければならない。

体にぴったりとくっつくようなボディバッグやベルト型ポーチなどがあれば尚良い。荷物から意識をそらさないという意識を持つことが重要である。

 

市場や観光地等外国人、ベトナム人が多く集まる場所ではスリが非常に多い。手さげのバッグやリュックサックから貴重品を抜かれることがある。観光に行く際は必要なもの以外は持ち歩かないようにし、もしバッグを持つ場合は体の前で持つとよいだろう。

 

ベトナムでは、ひったくりの方法としてバイクでのひったくりが多い。狙われるのは歩行者、バイクの運転手様々である。歩道を歩く際は道路側をできるだけ避けて歩くように心がけよう。道路を渡る際も油断せずしっかり周りの状況を把握しよう。

 

 

詐欺被害

旅行者が何か買い物をする際に、通常の値段(通貨の概念はないのだが)より高く売られるということは大いにあり得る。事実、筆者も何回もそのようなケースに遭遇している。ベトナム人に売る場合より2倍以上高い、というのはよく聞く話だ。

 

商品を買う場合においては取りやめることができるので良いが、タクシー等のサービスでぼったくりをされる場合は料金が後で提示されるので注意が必要だ。予防策としては、予め値段を聞いておく、一人で行かないということだろう。しかし、それでも引っかかることもあるだろう。そういった場合は、金額を写真に撮る、警察に通報する、第3者を引き入れる等をするとよい。過去の事例を見ると、暴力沙汰になっていることが少なくないので怪しいところにはいかないのが最善の防衛策だ。